“ロックの父”と称される伝説のシンガー、ハンク・ウィリアムスを演じるのは、『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』のロキ役でブレイクしたトム・ヒドルストン。エンパイア誌、ELLEなど名だたる英国誌が選ぶ“マン・オブ・ザ・イヤー”を受賞してきた彼は、今年4月に発表されたブリティッシュ・ナショナル・フィルム・アワードで最優秀男優賞に選ばれ 、現在“最も英国に愛される俳優”と呼ばれている。彼は本作で、本格的な役作りの上、劇中のハンクの曲をすべて自らが歌い、自身が経験した悲しみや人生の辛さを歌にのせることで人々に希望を与えたハンクを見事に演じ切った。彼の妻オードリーを演じたのは、『GODZILLA ゴジラ』『アベンジャーズ』で大ブレイク中のエリザベス・オルセン。自身もシンガーとして活動したいという想いを抱えながらも、家庭を支えなければならない女性の複雑な想いを切なく表現している。

第二次世界大戦後、人々が悲しみや辛い思いに暮れる中、明るい曲調のカントリーミュージックでその全てを代弁し、時代に希望の光を差したハンク・ウィリアムス。デビューから6年、29歳という短い人生で手に入れた名声とその代償として失った大切なもの。光と影に翻弄される一人の男の知られざる物語と優しい歌声が今、あなたを感動で包み込む。


1947年カントリー歌手としてメジャーデビュー。それから29歳で他界するまで、たった6年間という短い活動期間にもかかわらず、ハンクが生んだ音楽はその後、エルヴィス・プレスリー、ザ・ビートルズなどへ受け継がれ、“ルーツ・オブ・ロック=ロックの父”と呼ばれるほど偉大な伝説のシンガーとなった。なかでも、2001年にリリースされた「ハンク・ウィリアムス トリビュート」にはボブ・ディラン、ジョニー・キャッシュ、キース・リチャーズ(ローリング・スト-ンズ) 、BECK、ノラ・ジョーンズ等が参加しており、その錚々たるアーティストを見ると、時代や世代、国境・ジャンルを超えて今なお人々の心に生き続ける伝説的存在であることを証明している。
1944年、アメリカ・アラバマ州。ハンク・ウィリアムスは愛する女性オードリーと結婚し幸せな生活を送っていた。ハンクはシンガーとして成功するが、オードリーもまた、シンガーとしての夢を諦められずにいた。そんな想いが家庭に不穏な雰囲気を漂わせていたが、二人の間に息子が生まれ彼らの人生は再び希望に満ち溢れる。しかしハンクは、音楽活動が順調に進むにつれ家族との溝が深まり、その淋しさを紛らわせるために他の女性やアルコールに逃げてしまう日々を送っていた。シンガーとして優等生であることを求めるレコード会社と父親が必要な家族。翻弄されながらも、ありのままの自分であろうとするハンクは、その想いを歌に込めた――
1981年2月9日ロンドン生まれ。母方の曾曾祖父はサーの称号を持つ男爵で、貴族の血を引く。名門イートン校を卒業後、ケンブリッジ大学を主席で卒業。2005年に王立演劇学校を卒業し、翌年、ジョアンナ・ホッグの初監督作品『Unrelated』でスクリーンデビュー。2008年、シェイクスピアの戯曲「シンベリン」と「オセロ」でローレンス・オリヴィエ賞最優秀新人賞にノミネート、「シンベリン」で受賞した。2011年には、スティーブン・スピルバーグ監督作『戦火の馬』、ウディ・アレン監督作『ミッドナイト・イン・パリ』など世界的巨匠の作品に出演を果たし、同年、『マイティ・ソー』の悪役ロキを演じエンパイア賞の新人男優賞を受賞し世界的に注目を集める。その後も『アベンジャーズ』(12)、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13)で再演し人気を確立。また、2012年には、『家族の波紋』で英国アカデミー賞ライジングスター賞とイヴニング・スタンダード映画賞の男優賞部門にノミネート。2013年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、同年のトロント国際映画祭でも上映された、ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(14)に出演。2014年に出演した舞台「コリオレイナス」では、ローレンス・オリヴィエ賞男優賞にノミネートされ、ロンドン・イブニング・スタンダード・シアター・アワード最優秀男優賞を受賞した。2015年にはギレルモ・デル・トロ監督作『クリムゾン・ピーク』、巨匠J・Gバラードの名作SFが原作となる『ハイ・ライズ』(日本では8月6日公開)などの話題作への出演が続く。また今後の待機作として、ジョン・ル・カレ原作のテレビシリーズ「The Night Manager」やキング・コングの起源を描く『Kong: Skull Island』、『Thor: Ragnarok』などがある。その他、グラマー誌やELLE誌などの名だたる雑誌で“マン・オブ・ザ・イヤー”に輝く。
1989年2月16日アメリカ生まれ。ニューヨーク大学の有名なティッシュ・スクール・オブ・アート出身で、活気のある魅力的な女優。また、「フルハウス」のミシェル役でおなじみのアシュレー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンの妹としてよく知られている。1993年、姉たちのビデオ作品『Our First Video』で子役としてデビューするが、その後学業に専念する。2011年、サンダンス映画祭で上映された『Silent House(原題)』と『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で本格的に女優デビューし、『マーサ~』では第37回ロサンゼルス映画批評家協会賞新人賞をはじめとする10の賞を受賞した。その後、ダコタ・ファニングと共演した『少女が大人に変わる夏』(13)や、スパイク・リー監督『オールド・ボーイ』(13)などの出演を経て、2014年『GODZILLA ゴジラ』のヒロインに抜擢されブレイク。さらに、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも主要キャストとして出演し、ハリウッド女優としての人気を確立する。
1959年10月10日アメリカ生まれ。ウェズリアン大学で演劇と英語文学を学び、名門ジュリアードシアターセンターから修士号を与えられた。その後、キャシー・ベイツとともにオフブロードウェイの「Curse of the Starving Class」の監督を務めた。また、1999~2006年に放送されたテレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」ジョシュ・ライマン主席補佐官役で知られ、2001年にはエミー賞の助演男優賞を受賞した。また2001年から2003年まで3年連続でゴールデングローブ賞の助演男優賞にもノミネートされた。その他、映画出演作は、『ニューヨークの恋人』(01)『キャビン』(11)『ウォルトディズニーの約束』(03)などがある。
1956年11月21日アメリカ生まれ。トニー賞やエミー賞の受賞歴を持つ女優で、『モンタナの風に抱かれて』(98)、『クレイドル・ウィル・ロック』(99)、『パーフェクト・ストーム』(00)、『エリン・ブロコビッチ』(00)、『サイン』(02)、『ヴィレッジ』(04)、『オーシャンズ12』(04)などに出演している。自身も創設メンバーの一人であるケンブリッジのアメリカン・レパートリー・シアターによる舞台「ガラスの動物園」で5度目のトニー賞にノミネートされた。その劇団で「十二夜」、「三人姉妹」などを含む25作品を超える舞台に出演している。彼女が初のトニー賞に輝いたのはリンカーン・センター・シアターが手がけた「女相続人」で、二度目のトニー賞はマンハッタン・シアター・クラブの「ダウト 疑いをめぐる寓話」、そしてドラマシリーズ「24-TEWNTY FOUR-」でエミー賞を受賞している。
1995年1月4日アメリカ生まれ。7歳の頃からダンス、歌、演技を独学し、若くして成功している。ロサンゼルスの演劇界へ入るため高校を中退し、すぐにFOXのテレビシリーズ「ザ・ファインダー 千里眼を持つ男」(12)の主演でブレイク。ABCファミリーのヒット作、ミステリースリラーシリーズ「ねじれた疑惑」(13~14)に出演し、ティーン・チョイス・アワードに二度ノミネートされる。映画では、2012年にインディペンデント系長編映画で同郷のフットボールのライバル同士を描いた『UNDERDOGS』に主演、ボブキャット・ゴールドスウェイト監督作『ゴッド・ブレス・アメリカ』に出演した。今後の待機作は『Light Beneath Their Feet』があり、高校の人気者の女の子に問題を起こす少女を演じる。
1983年アメリカ生まれ。舞台、映画、テレビで活躍している女優。ビル・アーウィンやキャスリーン・ターナーと共演したブロードウェイ「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」のツアーでキャリアをスタート。NYマガジンで「Client9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer」での活躍が取り上げられ注目を浴びる。2006年、CBS「3 lbs」やABC「ボディオブ・プルーフ」、NBC「LAW & ORDER」などへの出演によりテレビ業界でよく知られる存在となり、HBO「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」(11~14)でジャック・ヒューストンの相手役を演じ確固たる地位を確立した。映画では、2014年トライベッカ映画祭で上映されたクリストファー・デナム監督『デッド・ハンティング』で主演を務める。それ以前には『我が家のおバカで愛しいアニキ』(11)や『How to Follow Strangers』(L.E.S. 映画祭Prix d’Or受賞)に出演。また、2016年1月に公開されたマイケル・ベイ監督作『13時間 ベンガジの秘密の兵士』にも出演している。
監督、脚本家、プロデューサー。ヴァージニア大学を卒業後、コピーライターとしてキャリアをスタート。1990年、アーミアン・バーンスタインとともに製作会社を設立。これまでに、『スパイ・ゲーム』(01)、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(04)、『トゥモロー・ワールド』(06)、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(12)、『アイアン・フィスト』(13)、『ロボコップ』(14)など数々の作品をプロデュースする。また監督業では、2009年、ユニバーサル・ピクチャーズの『幸せのきずな』があり、この作品は、ハンプトン国際映画祭でアルフレッド・P・スローン長編映画賞とボストン映画祭で最優秀男優賞を受賞し、テルライド映画祭とトロント国際映画祭、その他の映画祭で正式出品作品として上映された。そして本作では、脚本・監督・製作のすべてを務めた。
テキサス生まれでナッシュビルを拠点に活動するソングライター、アーティスト、プロデューサー。また、作家としても成功を収めており、生涯にわたり創作意欲とカントリーとルーツ・ミュージックへの誠実さを持ち続けている。1980年代にラジオでヒット曲を出し、2000年代にはより多くのアルバムをリリースした。そのアルバムたちはチャートの上位を占めるだけでなく、彼のアーティストとしての確固たる地位を与えた。よく知られている楽曲として「Til I Gain Control Again」や「I Ain’t Livin’ Long Like This」、「Song For The Life」、「Ashes By Now」などがある。2009年にはアメリカーナ音楽協会から作曲に対して生涯功労賞を受賞している。
ハンクを通じて人間という複雑な生き物を理解し、人は成長することができる。
だからぼくは、彼に恋焦がれるんだ。
ハンクの人生を体現するトム・ヒドルストンの歌声に圧倒された。
高橋和也俳優
冒頭から、訳もわからず泣いていた。
どうしてこんなに切ないの?涙が溢れてくるの?私も彼と同じ歌手だから?
『悲しい曲を歌う奴は悲しみを知ってる』。
伝説のスターに、私は救われた
気がした。
柴田淳シンガーソングライター
何とも…言葉が出ない。
あのエルヴィスが憧れた伝説の人の生歌を初めて聞いたような感動。
それを演じて歌ったのが「アベンジャーズ」のトム・ヒドルストンだなんて…。
びっくりが止まりません!
湯川れい子音楽評論家、作詞
音がじつにリアル。
実力派ロドニー・クロウェルの協力を得た結果だろう。
楽器もきちんと選ばれていて、終盤、のちにニール・ヤングの愛器となる
マーティンD-28も登場する(諸説あるそうだが)。
大友 博音楽ライター
伝説のカントリー・スターの複雑な内面を描いた作品。
ハンク役トム・ヒドルストンの演技も巧く、
ロドニー・クローウェルの指導を受けたという歌唱も聴きどころ。
長門芳郎パイドパイパーハウス/ビリーヴ・イン・マジック
あらかじめ過去形で見られた映画といったらいいか。
物語の最初から最後まで、彼がもはやそこにいないことが感じられ、
その不在の男の幻影が、ハンクという役名を持つ男を狂わせているようにも思える。
背中の痛み、別名での録音、子持ち女とばかり関係するというセリフなど、
不在の男をめぐるいくつもの符丁がちりばめられ、
私たちはいつしかその不在の男の中へと入っていくことになるだろう。
つまり「アメリカ」の中心とその闇の中へと。
樋口泰人映画評論家
ハンク・ウイリアムスを知ったのは僕がまだ中学生の頃だった。
近所にカントリー好きな大学生のお兄さんがいて、そこでカントリーのレコードを聞かせてもらった。
その中でもハンクは特別に僕の心に残る存在だった。
他の白人カントリーシンガーとは違う何かがあった。
きっと彼にギターを教えた黒人ブルースシンガーの影響があったのだろう。
曲の中にキャッチーでリズミカルなフレーズが多いのも特徴かもしれない。
またハンクはおしゃれだ。僕は昔、ハンクの衣装をまねて作った事がある。

しかし、この映画は悲しすぎる。
29歳という若さで逝ってしまったと言うだけでなく、その生き様が悲しい。
でもそれが大好きな彼の繊細なあのブルー・ハンクを生み出しているのだと思えた事が少しの慰めだった。
「悲しい曲を歌う奴は悲しみを知っている。」この台詞が心に残った。
小坂忠Singer & Pastor
沢山の闇に一筋の光を照らしたハンク・ウィリアムズは20世紀の音楽の巨塔。
心に穏やかな風を吹かしてくれたこの天才を美しく演じたトム・ヒドルストンの役者魂にただ脱帽。
ハンクがいなかったら、僕たちが知るロックはどうなっていたのだろう。
ハリー杉山タレント
地域 劇場名 公開日 ムビチケ
東京 丸の内ピカデリー 7/23(土)のみ 販売終了
東京 新宿ピカデリー 10/1(土) 販売終了
東京 シネマート新宿 10/16(日) 販売終了
東京 シネ・リーブル池袋 10/15(土) 販売終了
大阪 なんばパークスシネマ 10/1(土) 販売終了
名古屋 ミッドランドスクエアシネマ 10/1(土) 販売終了
北海道 札幌シネマフロンティア 10/1(土) 販売終了
岩手 盛岡ルミエール 10/1(土) 販売終了
宮城 MOVIX仙台 10/1(土) 販売終了
山形 MOVIE ON やまがた 10/1(土) 販売終了
神奈川 109シネマズ川崎 10/1(土) 販売終了
神奈川 横浜ニューテアトル 10/1(土) 販売終了
群馬 ISESAKIプレビ劇場 10/1(土) 販売終了
栃木 ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが 10/1(土) 販売終了
長野 長野松竹相生座ロキシー 10/1(土) 販売終了
静岡 イオンシネマ富士宮 10/22(土) 販売終了
岐阜 大垣コロナシネマワールド 10/1(土) 販売終了
石川 金沢コロナシネマワールド 10/1(土) 販売終了
福井 福井コロナシネマワールド 10/1(土) 販売終了
富山 富山シアター大都会 10/8(土) 販売終了
京都 MOVIX京都 10/1(土) 販売終了
愛媛 イオンシネマ今治新都市 10/1(土) 販売終了
広島 109シネマズ広島 10/1(土) 販売終了
岡山 イオンシネマ岡山 10/1(土) 販売終了
福岡 中洲大洋映画 10/8(土) 販売終了
大分 シネマ5 10/1(土) 販売終了
鹿児島 ガーデンズシネマ 10/15(土) 販売終了
宮崎 宮崎キネマ館 10/1(土) 販売終了
沖縄 桜坂劇場 10/29(土) 販売終了
アイ・ソー・ザ・ライト【初回生産限定】
品番:
BRL 80897  価格:¥4,743+税  カラー/本編約123分
ディスクタイプ:2層ディスク
音声:
オリジナル英語(DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド)
日本語吹替(DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド)
字幕:
日本語字幕
英語字幕
映像特典
【本編ディスク】(約68分)
●マーク・エイブラハムによる音声解説
●未公開シーン マーク・エイブラハムによる解説付き (10種)
●ハンクを語る
●レジェンド:ハンク・ウィリアムスに光を当てる
●ナッシュビルの夜:プレミアと音楽パフォーマンス
●オリジナル劇場予告編
封入特典
ブックレット16P ※初回限定
アイ・ソー・ザ・ライト【初回生産限定】
品番:
TSDL 80897  価格:¥3,800+税  カラー/本編約123分
ディスクタイプ:片面2層ディスク
音声:
オリジナル英語(ドルビーデジタル/5.1chサラウンド)
日本語吹替(ドルビーデジタル/5.1chサラウンド)
字幕:
日本語字幕
英語字幕
映像特典
【本編ディスク】(約34分)
●マーク・エイブラハムによる音声解説
●ハンクを語る
●レジェンド:ハンク・ウィリアムスに光を当てる
●オリジナル劇場予告編
封入特典
ブックレット16P ※初回限定
2016年12月14日(水)デジタル先行配信!
発売日と同日レンタル開始
※レンタルはDVDのみとなります。
※発売日、特典内容、ジャケットデザイン及び商品仕様は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

© 2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.

発売元:株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント