1. ホーム
  2. ≫強烈なニオイの膿栓(臭い玉)は口臭の原因になるって本当?

強烈なニオイの膿栓(臭い玉)は口臭の原因になるって本当?

強烈な口臭の原因になる膿栓(臭い玉)の写真「歯に米粒でも詰まったかな?」そう思って、口からポロっと吐き出した乳白色の小さな粒をなんとなく潰した事がありました。

なんとも言えない強烈なニオイに、私はかなりのショックを受けて、急に自分の口臭に不安を感じた記憶があります。

この塊こそが膿栓(のうせん)、別名臭い玉(においだま・くさいたま)です。

こんなにくさい物が喉にいる事を知ったら「自分の口臭は本当に大丈夫か?」「嫌な口臭の原因はこれか?」と焦りますよね。

今回は「膿栓と口臭について原因と対策方法」をお伝えします。ずっと気になっていた口臭が、たまたま見つけた膿栓が原因だったと思っていた方にも是非読んで頂きたい内容です。

↓↓お急ぎの方はこちら↓↓

今月女性に売れてる口臭サプリをチェック! 今月男性に売れてる口臭サプリをチェック!

>>タイプ別の口臭サプリおすすめランキング<<

膿栓って一体何なの?まずは基本的な疑問に答えるよ!

①膿栓とは?

膿栓(臭い玉)の正体を現した写真正式名称は「膿栓・扁桃栓子・扁桃結石」などと言い、別名臭い玉・匂い玉・臭玉と言われています。

乳白色の小さな粒で、口腔内に溜まった細菌の死骸や食べカスなどが固まったものが膿栓の正体です。

潰すと強烈なニオイを放ち、ドブ臭や生ごみのニオイ、排水溝のニオイに例えられる事が多く、一度嗅いだら忘れられない程の強烈なニオイがします。

②膿栓はどこにできる?

のどに違和感を感じる女性の写真喉の奥にある扁桃(扁桃腺)には沢山のくぼみがあり、膿栓はそのくぼみに溜まっていきます。

大きく口を開けると白く見える事があります。

見えない場合でも、喉の奥にゴロゴロとした違和感や嫌な臭いを感じるときは、膿栓が溜まっている可能性があります。

③誰にでもできる?

膿栓(臭い玉)は誰にでもできることを説明する女の子膿栓が出来るという事は扁桃まで侵入してきた細菌やウィルスと体がしっかり戦っている証拠です。

もちろん膿栓は病気ではありませんし、誰にでもできます。

ただし、扁桃やくぼみの形は人によって様々なので、膿栓が出来やすい人とそうじゃない人がいるのも事実です。

④放っておいたらどうなる?

膿栓(臭い玉)を放置するリスクについて語る男の子の写真膿栓そのものが喉に悪い影響を与える事はありませんが、膿栓が溜まり過ぎた事によって腎臓病や肌荒れなど体の不調を起こす原因になってしまう事があります。

あまりにも頻繁に膿栓が出来る方は「慢性扁桃炎」を起こしている可能性がありますので、一度耳鼻咽喉科での診察をおすすめします。

膿栓と口臭の関係

膿栓(臭い玉)と口臭の関係について考える女性の写真膿栓は潰すと何とも言えない強烈なニオイを放ちます。

「これが口臭の原因か!」と思われがちですが、「膿栓=口臭」という考え方に医学的な根拠はないそうです。

つまり喉の奥に膿栓が出来てしまう事は誰にでもあることで、膿栓の存在が口臭をヒドくする直接の原因にはならないということです。

ですが、膿栓が溜まっている状態は喉の違和感やなんとなく喉や鼻の奥から悪臭を感じたりするものです。

とは言え、それ以上に口臭の原因になっているのは、膿栓を作り出してしまう口内環境に問題があります。

→口内を整える即効タイプの口臭サプリランキングをチェック!

膿栓(臭い玉)ができる原因は?

膿栓(臭い玉)ができる原因を説明した写真人によってできやすいタイプかどうかの違いはありますが、膿栓は誰にでもできます。

どうして膿栓が出来てしまうのか?まずは原因を探ってみましょう。

原因①死んだ細菌やウィルス

膿栓(臭い玉)を作る原因になる死んだウイルスの写真呼吸などで自然に喉に侵入してきた細菌やウィルス、ホコリなどに対して、扁桃は免疫物質(白血球)を分泌して戦おうとします。

その結果、死んだ細菌やウィルス、免疫物質、口腔内にいるあらゆる菌や食べカスなどが固まって、扁桃のくぼみに溜まっていき膿栓となります。

原因②細菌が増えやすい口内環境

細菌が増えやすい口内環境の写真

・ドライマウス
・口呼吸
・鼻炎や鼻づまり

など、口腔内が乾燥し細菌を増やしやすくしてしまう間接的な原因も影響しています。

原因③副鼻腔炎などの耳鼻科系の病気

風邪でつらそうな表情をする女性の写真風邪やアレルギー症状、副鼻腔炎(蓄膿症)などの病気で、副鼻腔に溜まった膿が喉に流れる事で膿栓を作り出している可能性があります。

膿栓ができてしまった時の対策方法は?

膿栓(臭い玉)ができてショックを受ける女性の写真膿栓は体の免疫システムがしっかりと働いている証拠なので病気でありません。

でも、喉の違和感が気持ち悪いし口臭も気になるからと言って、綿棒やピンセットで無理やり取るのもよくないです。

扁桃を傷つけて炎症をおこす恐れがあり大変危険なので絶対にやめましょう。

どうしても気になる場合は、耳鼻咽喉科で取ってもらいましょう。

膿栓はどう予防する?

膿栓(臭い玉)を予防する方法を紹介する女性の写真出来てしまった膿栓を何とかしたいと思うのは当然です。

残念ながら、膿栓を取り除く事ばかりに必死になっていても、1度取れた膿栓はまた出来てしまう可能性があります。

膿栓対策で大切な事は、「取り除く事」ではありません。膿栓を「作らないように予防」することです。

その為に健やかな口内環境を目指しましょう。

膿栓を作らない為にできる4つの対策

うがいをしましょう

うがいをして口内をキレイにしている写真毎日うがいをして、喉の粘膜についた細菌やウィルス、ホコリはしっかり洗い流しましょう。

うがいには風邪などの飛沫感染を防ぐ効果もあります。

緑茶でうがいをする事もおすすめです。緑茶に含まれるカテキンの殺菌作用は風邪予防や口臭対策や虫歯予防に大変効果的です。

丁寧な歯磨きと舌掃除をしましょう

舌磨きをする女の子の写真しっかり歯磨きをする事は、膿栓予防だけでなく口臭の原因にもなる虫歯や歯周病を防いでくれます。

歯茎や歯の間には、歯ブラシだけでは落としきれない食べカスなどが残りやすいので、歯間ブラシや糸ようじを使ってきちんと汚れを落としましょう。

仕上げにマウスウォッシュを使うのもおすすめです。

舌に溜まった舌苔は、舌ブラシで舌を傷付けないよう丁寧に落とします。舌ブラシは1日1回、寝起きに行うのが効果的です。

唾液の分泌を促しましょう

ガムで唾液の分泌量を増やして口臭対策する女性の写真唾液には菌の増えすぎを抑え、口内を健やかに保つ作用があります。

唾液量が減少してしまうと、本来の抗菌作用を十分に発揮できずに細菌が繁殖しやすく、口臭の原因にも繋がります。

唾液はよく噛んだり、舌を動かしたりする事で分泌されますので、食事はしっかりよく噛んで、飴やガムを食べたり、唾液腺マッサージなどで分泌を促すようにしましょう。

アルコールやタバコは唾液の分泌を抑えてしまうので、控えめにしましょう。

→【喫煙者の口臭はヤバい】たばこを吸うなら知っておきたい口臭の話!

口呼吸の癖を治しましょう

口呼吸をしないように寝る女性の写真空気中のホコリやウィルス・細菌などを直接口から吸い込むことで、口内は乾燥や細菌が繁殖しやすい状態になります。

無意識に口が開いている場合があるので、普段から鼻呼吸を意識して生活をしましょう。

特に睡眠中に口呼吸をする癖がある場合はますます状態を悪くしますので、寝る前にコップ1杯のお水を飲んで睡眠中の乾燥を防ぐよう水分を補っておきましょう。

加湿器やマスクを付けて寝る事も口内の乾燥を防ぐのに効果的です。口呼吸は鼻炎など鼻の病気が影響している可能性もありますので、気になる場合は耳鼻咽喉科で相談してみましょう。

それでもまだ口臭に不安があるなら…

膿栓がどうしても気になる方に対策を紹介している写真口臭の原因を少しでも減らしたいと普段から自分の口臭を気にしていた人だけでなく、今まで自分の口臭を全く気にしていなかった人にとっても、臭い玉の存在が相当ショックなはずです。

膿栓対策のポイントは口内環境を健やかに保つ事。つまり膿栓を「取る」よりも「作らない」事です。

ところが、普段から口内環境を意識して口臭対策はバッチリしているのに、効果が感じられない、どうしても自分の口臭に自信が持てない、もっと効果的に口臭予防がしたい、などと悩む事はありませんか?

そんな時は「口臭サプリ」を併用してみるのもいいかもしれません。

口臭サプリは気になる臭いをお口の中だけでなく、体の中から改善したり予防してくれるサプリメントで、多くの種類が販売されています。

唾液量を増やし抗菌力を高めて、口内環境を整える成分を含んだ口臭サプリは、膿栓を作りにくい口内環境を目指すのにもとても効果的です。

さらに体の内側にある臭いの元にもしっかりとアプローチして改善・消臭・予防にまで効果があるタイプのサプリを選べば、体の中からスッキリ綺麗な息を実感できます。是非、膿栓対策に合わせて試してみて下さいね。

↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓

今月女性に売れてる口臭サプリをチェック! 今月男性に売れてる口臭サプリをチェック!

>>タイプ別の口臭サプリおすすめランキング<<

お役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです!